職人によるティファニー についての記事一覧 - 職人が作る ティファニー指輪の世界

menu
HOME » 職人によるティファニー

職人によるティファニー

芸能人がティファニーを愛用している理由は?

芸能人を魅了するティファニー

ティファニーを愛用している芸能人は、大勢いらっしゃいます。1人1人名前をあげるとキリがありませんが、女優・モデル・歌手まで様々。ドラマでティファニーのアイテムが使われたことも、ありました。
多くの芸能人を魅了している理由は、斬新さとエレガントさが兼ね備わっているからでしょう。海外ブランドの多くは、ド派手なデザインがほとんどです。でもティファニーのデザインは、落ち着いたものが多く見られました。しかも単に地味なデザインではなく、エレガントさも兼ね備わっています。高級感あふれる雰囲気が、多くの芸能人を虜にしたのでしょう。
『芸能人がティファニーを愛用している理由は?』 の続きを見る

こだわりが強すぎるティファニー

かつては文房具店だったティファニー

今でこそ世界に名だたるブランド「ティファニー」。かつて文房具を専門的に取り扱ったブランドだったと言われても、信じる人はどれぐらいいらっしゃるでしょうか。
いまでこそ40億ドル以上の収益をあげているティファニーが、かつて4.98ドルしか売り上げられなかったと言われても信じないでしょう。
『こだわりが強すぎるティファニー』 の続きを見る

チャレンジ精神がすごいティファニーの世界

映画で有名なティファニー

映画冒頭、女性が車から降りてティファニーの店の前で朝食をいただくシーンがあります。何気ない1シーンではありますが、映画の歴史を大きく変えたと言っても過言ではありません。
女性が着ているのは、エレガントなドレス。しかしサングラスをかけており、どこかカジュアルさも出ています。女性が演じる役は、自由奔放な人物。さらにティファニーの店の前で朝食を食べることにより、彼女の人物を映し出しました。かなり昔の映画ではありますが、今見てもかなりオシャレです。映画のシーンが撮影されたのは、ニューヨークにあるティファニーの店の前です。映画をきっかけに、ティファニーの名前は世界的なものになりました。
『チャレンジ精神がすごいティファニーの世界』 の続きを見る

ティファニーで指輪を

1837年に誕生したブランド

1837年アメリカで産声をあげたティファニー。ロンドンを始め東京にも店を広げ、ジュエリーブランドの地位を確実なものにしました。日本でティファニーといえば、ハートをかたどったペンダントでしょう。
日本がバブル景気に沸いていた時代、世の男性は意中の女性のハートを開かせるためにティファニーのペンダントを贈りました。人気はあまりにも高く、彼女に責められないために「売り切れ証明書」を発行したほど。男性の苦労は昔から尽きなかったようです。
『ティファニーで指輪を』 の続きを見る

ティファニーで人気の高い結婚指輪とは?

結婚指輪の定番ブランドのティファニー

結婚指輪を作っている国内外のさまざまなブランドのうち、非常に人気が高くて定番とされるのがティファニーです。
ブランド選びではティファニーだと迷わず決められる方も多いでしょうが、このなかでも多数の指輪があり、どれを選ぶべきか迷うこともあるでしょう。
このブランドで人気の高い結婚指輪について紹介します。
『ティファニーで人気の高い結婚指輪とは?』 の続きを見る

芸能人の愛用者多し!憧れのティファニー

有名なティファニー!

ティファニーは誰しもが知る有名ブランドで、芸能人の中には結婚指輪として起用している方もいらっしゃいます。ではなぜ、ティファニーは世界中の人を魅了してきたのでしょうか。
深く探ってみると、見えてきたのは180年の伝統と強いこだわりでした。
『芸能人の愛用者多し!憧れのティファニー』 の続きを見る

影響力が大きいティファニー

ティファニーブルー

色が持つ影響力は、想像以上です。色の影響力に目を付けて、「カラーセラピー」という職業もあります。選んだ色によって、その人の心理状態を読み解くというものです。例えば、イエローやオレンジは好奇心や人生を楽しむ色と言われています。
またブルーは、コミュニケーションをつかさどります。人は、何かとつながりがなければ生きていけません。ティファニーが掲げるブルーは、何よりも強い絆を示しています。
『影響力が大きいティファニー』 の続きを見る

先見の明を持つティファニー

最悪すぎた1837年

1837年の日本は、幕末混乱期の真っ只中でした。鎖国していた頃とは言え、オシャレを楽しむ余裕はどこにもありません。アメリカも、大恐慌が押し寄せた時代です。働ける職場があるだけでも万々歳な頃で、街には失業者が溢れかえっていました。
そんな中で登場したのが、ティファニーです。大変な時代に誕生したものの、ティファニーには絶対的な自信がありました。
『先見の明を持つティファニー』 の続きを見る

ティファニーの指輪は職人の魂と誇り

妥協ゼロのティファニーの指輪

人間息抜きをするために、多少なりの妥協は必要です。ほんの少し手を抜いても、素人目にはわかりません。しかしティファニーの職人にとって、妥協は絶対にありえないことです。「手を抜く」ことは、ティファニーというブランドの名誉を傷つける行為と同じ。
ティファニーに携わっている職人の数は、20人ほどしかいないでそうです。しかし言い換えれば、「腕に自身のある世界最高峰の職人しか迎い入れていない」ということになるでしょう。
『ティファニーの指輪は職人の魂と誇り』 の続きを見る

ティファニーの店の前で朝食を食べた理由は?

ティファニーの店の前で朝食を食べる映画の話

早朝、黒いドレスを着た女性がティファニーの店の前で朝食を食べるシーンから始まる映画。映画に疎い人でも、ティファニーの店の前で朝食を食べるシーンは知られています。女性がティファニーの前で朝食を食べた理由は、単に憧れのブランドだったからです。
1837年に創業されて以来、ティファニーは世界中の人を魅了してきました。特徴的なブルーのパッケージ・洗練されたデザインは、他のブランドには真似のできないことです。憧れるあまり、店の前で朝食を食べたくなるのも当然と言えるでしょう。
『ティファニーの店の前で朝食を食べた理由は?』 の続きを見る