熟練した手作り職人のティファニー指輪 - 職人が作る ティファニー指輪の世界

menu

熟練した手作り職人のティファニー指輪

手作り指輪を作っている名高いブランドといえば、ティファニーがありますね。
真っ先にこの名前を挙げる方も多いです。
こちらではたくさんのアクセサリーが作られており、手作り指輪も作られています。

これらはどんな指輪になるのでしょうか?
具体的な指輪のデザインは各アイテムによって違いますが、このブランドに共通する特徴といえば、その上品さがありますね。
ブランドによっては、同じ指輪でもインパクトの強さを重視している場合もあります。
リングがごつごつとして大きく、力強い装飾もほどこされています。
このような特徴は、ティファニーにはそれほど当てはまりません。
こちらのアイテムは作りが華奢だったり、とても滑らかだったり、見た目が美しかったりといったものが多いです。
装飾が施されているものもありますが、どちらかといえば格式や上品さを感じさせるものが多いですね。

具体的なデザインを少しご紹介すると、たとえばあるモデルではリングの形状はストレートですが、装飾が特徴的です。
ティファニーのロゴが入っていることから、これがそのブランドの手作り指輪だとすぐにわかる出来です。
そのほか宝石やティファニーに関する別の装飾も入っており、ただのストレートリングにならない、このブランド独特の上品な指輪へと仕上がっています。

別のモデルのデザインもご紹介しましょう。
こちらも基本的な形状はストレートリングになり、シンプルな印象が強いです。
しかしそのリングにかぶせるように、ティファニーがよくモチーフにしている装飾がリングを1周するように入っているのが特徴です。
こちらもその独特の装飾のおかげで、ティファニーの指輪だとすぐにわかるでしょう。

このようにティファニーの指輪といえば、基本的に上品なテイストとなるのが基本です。
このような特徴を出せるのは、このブランド専属の職人がこれら指輪を作っているからですね。
指輪作りの知識や技術さえあれば、誰でもこのブランドの指輪を作れるわけではありません。
この上品なテイストの手作り指輪が欲しければ、このブランドで購入するのが唯一の方法です。

ところで、これら指輪の素材は何でできているのでしょうか?
ティファニーといえば高級ブランドの1つに数えられ、テイストも上品となるわけですから、どんな素材を使って指輪を作っているのか、疑問もあるでしょう。
この点については、実は他のブランドと大きくは違いません。
手作り指輪の素材として非常によく使われるのが、プラチナやゴールド、シルバーなどですね。
これらはティファニーでも同じように使われています。
ネームバリューがあり、デザインも独特の上品さがある高級ブランドですが、指輪の素材や品質自体は他のブランドと大きく違うわけではありません。

具体的にどの素材で作られた指輪になるかは、各モデルによって違います。
プラチナ製のものもあれば、ゴールドのものもあります。
各指輪でデザインが同じなのに別モデルの商品がある場合、それは素材が違う場合が多いです。
特にティファニーではホワイトゴールド製の指輪がよく見つかります。
これは見た目にはまるでプラチナやシルバーでできた手作り指輪に見えるのですが、それらとはまったく違う素材となります。

ホワイトゴールドとは、ゴールドに別の金属を混ぜた合金です。
そのためにゴールドのような黄金色はしておらず、白っぽい色をしています。
ただし、プラチナやシルバーのような色合いにはならず、元のゴールドの色がやや残っているため、仕上げ時にコーティングをされることが多いです。
これのおかげで、最終的にまるでプラチナなどでできたような色合いになります。

日本ではブランドの手作り指輪ではプラチナ製が人気で、見つかるアイテム数も多いですが、実は欧米ではホワイトゴールドのものが人気です。
ティファニーは海外ブランドとなるため、ホワイトゴールドで作られた手作り指輪が比較的多く見つかります。
これを選ぶと実際にはゴールド製の指輪を選んだような形となり、値段が高くなることが多いです。
ティファニーの指輪を選ぶときは、デザインのほかに素材もよく確認するといいでしょう。

このように熟練の職人の手により、さまざまな素材で作られたティファニーの手作り指輪は、非常に高い人気があります。
指輪を選んだときの口コミでは、ティファニーに関するものが多くあります。
たとえばある口コミでは、ブライダル関係の指輪は絶対にこのブランドがよかったため、パートナーにお願いしてこれにしてもらったといった声が見つかりますね。
ティファニーは非常に有名なブランドですし、その指輪自体の品質も高いため、購入希望者も多いですよ。

海外ブランドではありますが、国内にも取り扱いのショップがあるため、購入は難しくありません。
そちらの店舗まで行けばティファニーの指輪を実際に確かめられますし、気に入ったものがあれば購入もできます。
憧れの声が多い指輪ですが、決して手の届かないものではありません。
人気が高いだけに実際に購入したという方も多いですから、ぜひ一度、このブランドの指輪に注目してみるといいですよ。
ティファニーの指輪とは全く別の観点で、自身が手作りする指輪も人気です。指輪を手作りすることはカップルの思い出にもなるようです。
手作り指輪の工房をお知らせ致します。手作り指輪

新着情報

ティファニーの店の前で朝食を食べた理由は?

ティファニーの店の前で朝食を食べる映画の話

早朝、黒いドレスを着た女性がティファニーの店の前で朝食を食べるシーンから始まる映画。映画に疎い人でも、ティファニーの店の前で朝食を食べるシーンは知られています。女性がティファニーの前で朝食を食べた理由は、単に憧れのブランドだったからです。
1837年に創業されて以来、ティファニーは世界中の人を魅了してきました。特徴的なブルーのパッケージ・洗練されたデザインは、他のブランドには真似のできないことです。憧れるあまり、店の前で朝食を食べたくなるのも当然と言えるでしょう。
『ティファニーの店の前で朝食を食べた理由は?』 の続きを見る

ティファニーの指輪が中古で欲しいときは

憧れの指輪を中古で

ティファニーといえば非常に有名なハイブランドで、職人の作る数々の美しい指輪でも人気ですね。
ステータスや魅力が高いだけに価格も高いだろうと、中古品を探している方もおられるでしょう。
もちろんデザインやモデルによってはいい値段がしますが、実は意外とお安い商品も見つかります。
これまで新品をちゃんと見たことがない方は中古とあわせてお安い新品の指輪も探してみるといいです。

『ティファニーの指輪が中古で欲しいときは』 の続きを見る

ティファニーの指輪は緻密で豪華

映画の有名シーンで出てくるブランド

早朝、女性が車から下りてショーウィンドウを眺めながら朝食を頂く1シーンは有名です。

彼女が眺めていたショーウィンドウがあるお店こそが、ティファニーです。

映画がきっかけでブランドは世界的な知名度を誇るようになり、店そのものが観光名所になりました。

しかしティファニーが登場したのは、映画が公開されるよりももっと前のことです。

時は1837年。

日本では幕末期を迎え、混沌としていた頃でした。

創業当初は文房具を取り扱っており、現在も普通に販売されております。
『ティファニーの指輪は緻密で豪華』 の続きを見る

繊細なデザインの物が多い

ティファニーは女性に向いている指輪が多い

指輪のブランドによっては、男性の方が向いているのではと思うようなデザインの物もあるのですが、ティファニーは女性に適している指輪が多いブランドだと言えるでしょう。

とても繊細なデザインになっていますし、繊細ながら宝石を指輪全体に散りばめている物もあるので、女性が身に着けるとよく似合います。

そのため、男性が婚約指輪に使用するケースも多いのですが、中には結婚指輪としてペアでティファニーの指輪にする人もいるのです。

通常指輪に使用する宝石としては、ダイヤモンドが使われていることが多いのですが、ティファニーでは真珠を使用した指輪も存在しているのです。

真珠を使用した指輪の場合、1つだけ使うことが多いのに対して、ティファニーの場合には2個使用している種類もあるので、この点は他のブランドと異なっている点だと言えるでしょう。

2つの指輪を繋げたようなデザインになっていて、その間に真珠を取り付けたデザインもあるので、ティファニーも他のブランドのような独特なデザインの指輪が存在しているのです。

『繊細なデザインの物が多い』 の続きを見る

ティファニーの手作り指輪

繊細さと豪快さを併せ持つ指輪

ティファニーも有名な指輪のブランドですが、主な特徴としては、繊細な作りの物もあれば、豪快な作りになっている指輪もあります。

宝石を細かく散りばめており、指輪自体も細くなっている種類は女性に人気が高いですし、中には大きな真珠を1つ指輪にはめ込んだ豪快な物も存在しているのです。

最近は豪快でインパクトの強い指輪を好む女性も多いので、人気も上昇してきていると言えるでしょう。

ティファニーも職人が手作りをしている物が販売されていますが、繊細な物や豪快な物というのは、なかなか機械で作るのは難しいのです。

そのため、最初から最後まで殆ど職人が手作りをしているのですが、手作りをするのにはかなり高い技術力が必要になります。

長年の経験と技がなければ、手作り指輪として販売することはできません。

『ティファニーの手作り指輪』 の続きを見る